Q クオーツウオッチ (腕時計)の使用上の注意は?
A

時々りゅうずを空回りさせてください。
磁気、静電気や強いショックにご注意ください。
オーバーホールが必要です。

Q ウオッチ(腕時計)を保管する際の注意事項は?
A 時計のご使用に当たっては、取扱説明書を良く読み理解してから正しくご使用ください。
時計をご使用にならない時は、汗、汚れ、水分等をよくふき取り高温・低温、多湿な場所を避けて保管して下さい。

磁気の影響を受けるような場所は(オーディオ機器のスピーカー、磁気ネックレス、携帯電話付近、等)避けて下さい。磁気の影響を受け時計が狂う恐れがあります。
Q 時計は磁気の影響を受けるの?
A 受けます。

身近な小物(携帯・ハンドバッグの金具・健康腹巻)等磁気にくっつくと

時計は止まってしまいます。磁気から離れると時計はまた動き出しますので、

その場合時計の針を現在時刻に合わせると元に戻ります。

Q 時間が遅れてしまうのですが・・・(クオーツ式の場合)
A 時間の遅れは機械に関する遅れと磁気に関するものがあります。
磁気はお客様の使用環境によって防ぐことができます。
Q 時計がすぐ止まってしまう(ゼンマイ式の場合)
A 時計内部の油汚れや油が固まってしまったことが考えられます。オーバーホールが
必要となります。
Q 時計がすぐ止まってしまう(クオーツ式の場合
A 電池交換したばかりなのに、直ぐ止まってしまうというような場合には、IC回路の不具合か
ゴミが原因として考えられます。ゴミならばオーバーホールすれば直りますが、IC回路の不具合の場合はほとんどの場合交換することになります。
Q 水漏れで停止してしまったのですが?

A 水に濡れて止まった(一旦止まって、現在は動いていても)場合は、たとえそれが防水性の
時計であっても、至急修理する必要があります。日数が経つと、最悪修理不可能ということになります。それは内部に出来る錆の所為です。

Q

バンドが壊れたりするのはなぜですか?
A 長期使用による摩耗、ピン抜け、落下にいたります。
ゆるんだり、外れたりする前に手当てをする事で防げます。

Q ガラスが曇ってしまいました。
A ガラスの傷・パッキンの劣化、裏蓋内部の傷や竜頭付け根のゆるみ等が原因で時計の密封性が失われている証拠です。いち早い修理が必要です。
Q 洗濯機で洗ってしまい、水が時計の中に入ってしまったのですが?
A 水濡れの時間が経てば経つほど、修理も困難になり費用がかさんでしまう場合がありますので、水濡れの場合はすぐに修理に出していただくことをお薦めいたします。
Q 古くなった時計やそれ以外何でも修理できますか?
A 出来る限りの対応をさせていただきますが、時計(クオーツ)の廃盤に伴い部品が無い場合もございますので、全てが治せるという訳ではございません。一度お問い合わせの上、当店までおもちください。

Q 電池交換は持参した場合どのくらい時間がかかりますか?
A 目安としては10分〜30分程ですが、時計の状態により時間がかかる場合もございます。
もし時間がかかる場合は後日お引渡しとなりますので、あらかじめご了承ください。